バレンタインに大学生が告白?彼氏GET【成功率UP】必勝法を伝授!

スポンサーリンク

大学生と言えばお勉強や就職活動も大事ですが恋愛も大事!

バレンタインが近づいてくれば片思いしている男性に 愛の告白をしようと考えている大学生の方も、少なくありません。

もしかすると読者のあなたもそうかも知れませんね。

バレンタインに告白って、すごくテンションが上がりますよね。

しかしせっかく告白するからには成功しないとその後が悲しいキャンパスライフとなってしまいます。

そこで今回は、大学生がバレンタインに告白する際、どのようにすれば良いのか、成功に導く告白方法について紹介いたします。

スポンサーリンク


目次

バレンタインは女性が男性をリードしましょう

バレンタインは2月14日。
大学生に限らず、男性からリードされたい女性でも、この日は男性のことをリードしちゃいましょう。

つまり待っているだけでは何も起きません。(当たり前ですが)

もし、片思いしている男性が、そこまで仲良くない相手だった場合は、バレンタインまでに心の距離を縮めておくことがポイント。
戦いは当日よりももっと前に始まっていると思ってください!!!

彼と親しい友人に応援を頼めば、急接近のチャンスです。

2月14日は、サプライズに胸を躍らせる男性が多いです。
普段は自分から女性をリードする男性でも、この日は受け身がちになってしまうようですね。

そういった男性心を分かってあげるのも、ポイントが高いかもしれません。

普段は受け身な女子が、この日にはグイグイ行くところも、男性にとって、ドキッとさせられるポイントです。
ちょっと大胆になっても、バレンタインであれば許せちゃいますよ!!

当日に会う約束を取り付けておく

大学生がいる場所って「大学」ですね。

いついつの授業の時に講義室で渡すつもりとか、部活の部室に行って渡す予定とか・・・、 会えないリスクが高すぎます!!

そうです。

大学生がバレンタインに告白するつもりで失敗する最大の理由が、 当日会えないという理由

あるんですよ、これが。

大学の講義や部活・サークル活動なんてのは、割と休みがち。
中学高校の時なんかに比べて、大学生ってもっと自由度高いですから。

だから、会う約束を取り付けておくべきです!

もちろん、2月14日当日がベストですが、相手やご自分の都合もあります。

また、その日付だと、約束を取り付ける時点で告白するようなモンなので、いかにもバレバレで恥ずかしいという場合は前後の日付でももちろんOK!!

バレンタインチョコと一緒に告白しちゃおう

彼との関係が良好な場合に有効ですが、ある程度彼と仲が良く、友達止まりな場合、彼と脈アリかなと感じたら、チョコと一緒に告白してみるのもおススメです。

この場合、振られた時に、気まずくならないようにすることも大事。
もし、ダメだった場合には、「ちゃんと返事をしてくれてありがとう。でも、チョコだけは、美味しく食べてほしいな」と、言えるようにしておくと良いですね。

気持ちはしっかりと言葉にして伝えるのがポイント。
もし、伝えることで、お付き合いすることが出来るかもしれません。
そうなったらラッキーですよね。

バレンタインデートの最後にチョコレートを渡すのがおススメ

バレンタインの時に、片思いの彼と過ごすことが出来た場合、チョコを渡すタイミングは、いつがいいのでしょうか。

早く渡したい!!そんな気持ちが大きいと思いますが、男性もまた、チョコレートを期待してドキドキしています。
なので、最後までドキドキさせておくのがおススメです。

楽しいデートの別れ際に、「はい。これ」と、恥ずかしくチョコを渡すと、男性はすごく喜びます。
「チョコ用意してくれていたんだ~」と、嬉しい気持ちでお別れすることでしょう。

手作りチョコを渡すのもおススメですが、お店で買ってきたものであれば、メッセージと小さなプレゼントを添えるのもおススメですよ。

バレンタインの告白はどのように伝えればいいの?

バレンタインに告白をするならラブレターを書くのがベストです。

大学生位だと、男女ともにまだそんなに恋愛経験が多くないですよね。

ですから、もうね。バレンタインに震えながらチョコレートを渡された時点で男性は「あ、これは告白きたな。」となんとなく分かっているわけです。(よっぽど鈍感な男は別)

まぁでも、そのチョコレートが本命なのか義理チョコなのか、チョコレートを受け取っただけでは、まだ確信が持てません。

でも、ここ、ハッキリ伝える必要がありますよ。

だって、女性側は本命のつもり告白のつもりでチョコレートを渡しても、男性は義理チョコだと勘違いしてしまう事だってあるんですから。

だからハッキリと伝えてください。
でも、バレンタインプレゼントを渡す時にハッキリと伝えられない場合もありますから。

有耶無耶になっちゃうことだってあるんです。
チョコは無事に渡せたけど、ハッキリと好きな気持ちを伝えられなかったなんて事も。

(実は両想いなのに)それが原因で恋愛成就しなかったって事もあるんですからね。

ですから、有耶無耶にならぬよう、ここはハッキリと伝えたい。

だけど、言葉だと伝わり切らないかもしれないから手紙なんです。

手紙なら、全部自分の気持ちを書けるでしょう?

もちろん言葉でも自分の気持ちを言った方が良いんですけど、それができない事もありますからある種の保険ですよね。

「こちとらラブレターって武器を用意してあるんだ」って思うと、心に余裕ができます。

余裕があるからこそ、言葉もちゃんと伝えられるし、手紙で間違いなく思いを告げることができるんです。

大バレンタインに大学生が告白に挑戦!【まとめ】

大学生のバレンタインは、淡い青春時代です。
校則も厳しくはないので、チョコを没収される心配もないですよね。

大好きな人に、チョコを渡す際には、告白をするのもおススメ。
直接言うのも良いですし、メッセージに添えて渡すのも喜ばれます。

手作りチョコやお店のチョコ。
どちらでも、心のこもったチョコレート。
チョコレートと一緒に、自分の気持ちも届けちゃいましょう。

片思いの彼と仲良くない場合には、バレンタインまでに仲良くなっておくと良いですよ!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次