お宮参りの食事の挨拶の言葉【例文】ビシッとカッコよく決めよう!

スポンサーリンク

お宮参りで、家族以外にも祖父母や親せきも一緒にお参りをした場合には、最後に食事会を行う家庭は多いと思います。

食事の会でのあいさつをする時には、どのように挨拶をしようか悩まれる人は多いです。

今回は、お宮参りの後の食事会でのスピーチの例文についてご紹介いたします。

スポンサーリンク


目次

お宮参りの食事の挨拶について

お宮参りの食事の席での挨拶と言われると、スピーチを考えるのはすごく悩んでしまうと思います。

他の人はどのようなことを話しているのか迷ってしまいます。

まずはお宮参りに来ていただいたことにお礼を言いましょう。「今日は(赤ちゃんの名前)のお宮参りに来ていただきありがとうございます。」のように簡単なお礼の挨拶から入ります。

簡単な言葉でいいのですが、この言葉はとても重要な言葉だということを忘れないでくださいね。

これからもお世話になることは沢山あると思います。
「これからもよろしくお願いします」という旨を伝えるようにすると良いですね。

「(赤ちゃんの名前)も皆様のおかげで無事にお宮参りを迎えることができました。これからも色々とお世話になりますが、どうぞよろしくお願いいたします。」と、一言感謝の気持ちと「これからもよろしくお願いします」の気持ちを伝えます。

最後には、お食事を用意しましたので、時間の許す限りごゆっくりお過ごしくださいのささやかなお礼の一言を付け加えると良いでしょう。

お宮参りの挨拶例文その1

本日は、お忙しい中○○のお宮参りにいらして下さいまして有難うございます。

皆様には誕生からこれまで大変お世話になりました。

お陰様で○○も何事も無く、すくすくと成長し、こうして無事にお宮参りをすることが出来ました。

また、これからも色々とお世話になりますがよろしくお願い致します。

ささやかですが、お祝いのお膳を用意させていただきましたので、 お時間が許す限りごゆっくりしてください。

来てくれたお礼と、ごゆっくりと楽しんでほしいと言ったささやかな感謝をおもてなしの言葉を伝えるのと良いですね。

お宮参りの挨拶例文その2

皆様、本日はお忙しい中、私の〇〇の初宮参りの祝いにお越し頂きまして誠に有難うございます。

皆様のお陰をもちまして、つつがなく〇〇神社に参拝致して参りました。

今後とも〇〇の成長を見守って頂き、ご指導頂けますよう願う次第でございます。

ささやかではございますが『初参りの祝い膳』を調(ととの)えさせて頂きましたのでごゆっくりお召し上がりください。

感謝の気持ちと、ささやかなお礼の言葉は、簡素に言うのがポイント。
長すぎない挨拶の方が、聞く人も聞き入れもらえやすいのではと思います。

お宮参りの食事会は家族に感謝の気持ちを伝えるいい機会に

お食事会は、お宮参りをする日には欠かすことが出来ない事です。

お食事会を設けることによって、家族に改めて感謝の気持ちを伝えるいい機会になります。

そして、美味しいお食事を食べながら、家族みんなで会話に花を咲かせ、楽しいひと時を過ごすことが出来ます。

赤ちゃんが途中で泣いても周りに気を使わないように、自宅でお食事会をされる家庭や、レストランや料亭の個室で食事会を行う家庭も多いです。

お宮参り後のお食事会の挨拶まとめ

お宮参りの後のお食事会は、日ごろの感謝の気持ちを伝えるいい機会です。

挨拶のスピーチは絶対に行うと良いですね。

お食事会をゆっくりと過ごしてもらえるためにも、赤ちゃんが過ごしやすいように、個室で行う、または自宅でお食事会を行うのがおすすめです。

家族に感謝をしつつ、赤ちゃんの健やかな健康を祈りたいですね。
今までの感謝の気持ちと、「これからもよろしくお願いします」の気持ちも、しっかりと届くと良いですね。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次