母の日が喪中の場合でもプレゼントしていいの?お祝いはどうすればいいのか?

スポンサーリンク

母の日 喪中の場合、プレゼントやお祝いはどうすればいいのか?

この疑問に答えるのはなかなか難しいですね。

母の日は母親に感謝の気持ちを伝える日ですが、喪中の場合は慶事と忌事が重なってしまうので、どうしたらいいのか迷ってしまいます。

そこで、この記事では、母の日 喪中の場合のプレゼントやお祝いのマナーや注意点について、私の体験談や独自の見解を交えながら、解説していきます。

スポンサーリンク


目次

母の日が喪中の場合のプレゼントやお祝いの基本的な考え方

まず、母の日 喪中の場合のプレゼントやお祝いの基本的な考え方について説明します。

一般的に、喪中の場合は慶事を控えるというのがマナーです。

喪中とは、身内に不幸があって喪に服している期間のことで、その期間は一般的には一周忌までとされています。

喪中の場合は、年賀状やお正月の挨拶、お祝い事などを控えるのが一般的です。

これは、喪に服している人が、慶事に参加することで、故人を冒涜したり、他の人に迷惑をかけたりするのを避けるための配慮です。

また、喪中の人に対しても、慶事に誘ったり、プレゼントやお祝いを贈ったりするのは、相手の気持ちを考えない失礼な行為とされています。

しかし、母の日 喪中の場合は、この一般的なマナーに従う必要があるのでしょうか?

私は、母の日 喪中の場合は、プレゼントやお祝いをすることは悪いことではないと思います。

なぜなら、母の日は、母親に感謝の気持ちを伝える日であり、故人を忘れたり、軽んじたりする日ではないからです。

母の日 喪中の場合でも、母親に対する愛情や尊敬は変わりません。

むしろ、喪中の辛い時期にこそ、母親に寄り添って、励ましてあげたいと思うのではないでしょうか?

母の日 喪中の場合のプレゼントやお祝いは、故人に対する敬意や哀悼の念とは別のものであり、それを表現することは、決して悪いことではないと私は考えます。

もちろん、これは私の個人的な意見であり、母の日 喪中の場合のプレゼントやお祝いについては、人によって考え方や感じ方が異なるということを尊重する必要があります。

母の日 喪中の場合でも、プレゼントやお祝いをすることに抵抗がない人もいれば、することに不快感や罪悪感を感じる人もいるでしょう。

また、母親自身も、プレゼントやお祝いを受け取ることに喜ぶ人もいれば、断る人もいるかもしれません。

そのため、母の日 喪中の場合のプレゼントやお祝いをするかどうかは、自分の気持ちだけでなく、相手の気持ちや状況も考慮する必要があります。

そして、もしプレゼントやお祝いをすると決めた場合は、喪中の場合にふさわしいものを選び、控えめに伝えることが大切です。

母の日が喪中の場合のプレゼントやお祝いの例

次に、母の日 喪中の場合のプレゼントやお祝いの例について紹介します。

喪中の場合は、華やかなものや高価なものは避けるのがマナーです。

また、喪中の人に対しては、お祝いという言葉も使わないのが一般的です。

その代わりに、感謝の気持ちや励ましの言葉を伝えることができます。

以下は、母の日 喪中の場合のプレゼントやお祝いの例です。

* 花束や鉢植えではなく、切り花やドライフラワーを贈る。

色は白や淡い色を選ぶ。

カーネーションは母の日の定番ですが、赤やピンクは喪中には不適切なので、白やクリーム色を選ぶ。

また、花言葉に注意する。

例えば、百合は「純潔」や「悲しみ」を意味するので、喪中には適切ではないとされています。

*食べ物や飲み物を贈る

お菓子や果物、お茶やコーヒーなど、日頃の疲れを癒すようなものを選ぶ。

ただし、お酒や肉などは喪中には不適切なので避ける。

また、包装やラッピングはシンプルで控えめなものにする。赤や金などの華やかな色は使わない。

*日用品や消耗品を贈る

タオルやハンカチ、石鹸や化粧品など、毎日使うものや使い切るものを選ぶ。

これらは、贈り物というよりは、気遣いや支援という意味合いが強いので、喪中にもふさわしいとされています。

また、色やデザインはシンプルで落ち着いたものにする。

*手紙やカードを贈る

物質的なものではなく、言葉で感謝の気持ちや励ましの言葉を伝えることも、母の日 喪中の場合のプレゼントやお祝いの一つです。

手紙やカードは、自分の気持ちを素直に書くことが大切です。

母親に対する愛情や尊敬、感謝や応援など、伝えたいことを思いつくままに書きましょう。

ただし、喪中の場合は、明るすぎる言葉や軽い言葉は避けるのがマナーです。

また、手紙やカードのデザインも、シンプルで落ち着いたものにするのがよいでしょう。

母の日 喪中の場合のプレゼントやお祝いの注意点

最後に、母の日 喪中の場合のプレゼントやお祝いの注意点について説明します。

母の日 喪中の場合でも、プレゼントやお祝いをすることは悪いことではないと私は考えますが、それをする場合は、以下の点に注意する必要があります。

*相手の気持ちや状況を考慮する

母の日 喪中の場合のプレゼントやお祝いは、自分の気持ちだけでなく、相手の気持ちや状況も考慮する必要があります。

母親がプレゼントやお祝いを受け取ることに抵抗がないか、喜んでくれるか、確認することが大切です。

また、喪中の期間や故人との関係性によっても、プレゼントやお祝いの内容やタイミングを変えることが必要かもしれません。

例えば、故人が母親の配偶者や親など、近い関係の人だった場合は、プレゼントやお祝いを控えるか、後日にする方がよいかもしれません。

また、喪中の期間が長い場合は、母の日以外の日にプレゼントやお祝いをする方がよいかもしれません。

*控えめに伝える

母の日 喪中の場合のプレゼントやお祝いは、控えめに伝えることが大切です。

プレゼントやお祝いをすること自体は悪いことではありませんが、それを大げさにしたり、自慢したりすることは、相手に失礼にあたります。

また、他の人にもプレゼントやお祝いをしたことを知らせたり、SNSなどに投稿したりすることは、やめるべきです。プレゼントやお祝いは、あくまで、母親との二人だけのものであるべきです。

*故人を忘れない

母の日 喪中の場合のプレゼントやお祝いは、母親に対する感謝の気持ちや励ましの言葉を伝えることが目的ですが、それと同時に、故人に対する敬意や哀悼の念も忘れないことが大切です。

プレゼントやお祝いをする際には、故人の話題を避けたり、無視したりするのではなく、故人の思い出や功績を語ったり、供養したりすることもできます。

また、プレゼントやお祝いの内容にも、故人に関係するものや、故人が好きだったものを取り入れることもできます。

例えば、故人が好きだった花や食べ物を贈ったり、故人が撮った写真や書いた手紙を見せたりすることもできます。

これらのことは、母親と故人の絆を感じさせるとともに、故人を偲ぶ機会にもなります。

母の日が喪中の場合はプレゼントしても良いの?【まとめ】

母の日 喪中の場合のプレゼントやお祝いについて、私の体験談や独自の見解を交えながら、解説してきました。

母の日 喪中の場合のプレゼントやお祝いは、一般的なマナーに従う必要があるのか、どうすればいいのか、迷ってしまう人も多いと思います。

私は、母の日 喪中の場合でも、プレゼントやお祝いをすることは悪いことではないと思います。

母の日は、母親に感謝の気持ちを伝える日であり、故人を忘れたり、軽んじたりする日ではありません。

母の日 喪中の場合でも、母親に対する愛情や尊敬は変わりません。

むしろ、喪中の辛い時期にこそ、母親に寄り添って、励ましてあげたいと思うのではないでしょうか?

もちろん、これは私の個人的な意見であり、母の日 喪中の場合のプレゼントやお祝いについては、人によって考え方や感じ方が異なるということを尊重する必要があります。

母の日 喪中の場合でも、プレゼントやお祝いをすることに抵抗がない人もいれば、することに不快感や罪悪感を感じる人もいるでしょう。

また、母親自身も、プレゼントやお祝いを受け取ることに喜ぶ人もいれば、断る人もいるかもしれません。

そのため、母の日 喪中の場合のプレゼントやお祝いをするかどうかは、自分の気持ちだけでなく、相手の気持ちや状況も考慮する必要があります。

そして、もしプレゼントやお祝いをすると決めた場合は、喪中の場合にふさわしいものを選び、控えめに伝えることが大切です。

この記事が、母の日 喪中の場合のプレゼントやお祝いについて、少しでも参考になれば幸いです。

母の日は、母親にとっても、子供にとっても、特別な日です。

喪中であっても、母親との関係を大切にし、故人を忘れないようにしましょう。

母の日 喪中の場合のプレゼントやお祝いは、その一つの方法かもしれません。

母の日 喪中の場合でも、母親に笑顔になってもらえるように、心を込めてプレゼントやお祝いをしましょう。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次